浮気調査料金

浮気調査の料金が安い探偵は本当に調査をしてくれているのか!

更新日:

 

探偵を探す時に、「料金が安くて、信頼があり、実績もあれば、」理想の探偵ではないでしょうか。

しかし、そんな理想の探偵が実際に見つかるのかはわかりません。

また、何を基準に料金の安さを決めるかでも、見方は変わってきます。確かに、浮気調査の料金は安いに越したことはないのですが、ただ、あまりにも安いのは疑ってかかった方がいいでしょう。

 

ここでは、浮気調査の料金が安い探偵に調査を頼んだ時、本当に調査をしてくれているのかを、探偵の料金説明を交えて解説していきます。

 

探偵は料金が安すぎると手抜き調査の可能性も否めない!

探偵の料金に統一性はなく、各探偵社で取り決めた金額が提示されます。

そのため、安すぎる探偵もいれば、逆に高すぎる探偵もいるという事になります。

あまりにも料金が安いと、手抜き調査や高額な追加料金の請求をされることがあります。

高すぎる探偵は、ぼったくりと言えるでしょう。

高いか安いかの基準は、次に説明する調査料金のアンケートをご覧ください。

調査料金のアンケート

調査員2名回答
20,000~25,000未満36%
15,000~20,000未満28%
10,000~15,000未満24%

東京都調査業協会(日本調査業協会東京支部)が協会の会員に向けて、調査料金のアンケートを行いました。

そのアンケート結果により、調査員2名の場合だと、1時間当り1.5万~2.0万円前後が適正価格という事になります。

あくまでも目安になりますが、この適正価格をボーダーラインにすれば、安すぎる料金はわかりやすいのではないでしょうか。

 

調査料金適正価格の目安

【1時間/1名7,500~10,000円】

探偵は一人の人物に、何時間も掛けて尾行や張り込みを行います。浮気調査の場合には、不貞の証拠を撮影する任務もあります。

尾行や張り込みと聞くと、「見つからないように後を付けるだけでしょう。」と簡単に思えてしまいますが、相手に気づかれずに尾行をする調査員の技術は、特別に訓練を受けたからこそなんです。

 

しかも、尾行をするだけでなく、行動ルートから立ち寄り場所、接触した人物の特徴なども記録をしていき、2人がホテルに入ったら、周りに怪しまれないように外で何時間も張り込みを行います。

撮影は特殊機材を使い、2人の顔がはっきりわかる写真を相手に気づかれることなく撮影するのです。

 

調査員1名/1時間の料金には、調査に使う車両や経費、調査員の技術料が含まれているのです。

そう考えた時に、1時間/1名7,500~10,000円は妥当なのですが、これより安すぎるとどこかで手を抜いていると疑ってしまいます。

 

浮気調査の料金が安いと現場の調査員が1名になる

これは、以前よくあった事なのですが、調査員2名、車両1台の契約にもかかわらず、実際に現場で調査を行っているのは1名1台だった。

浮気調査の繁忙期は調査員の数が足りないために、現場に一人で行かせるのはよくあった事なのです。

でも、料金は安くなることなく通常の料金が発生するのです。しかし、依頼者側からしてみれば冗談じゃない話ですよね。

 

証拠が取れればまだすくいようがありますが、もし、調査が失敗に終わっても、その事実は知らないままなのです。

依頼者がわざわざ現場に行ってまで、調査員の数を確認する事がないからです。

 

それも踏まえて、先ほどの探偵の適正価格を参考にしていただくと、1名/1時間3,000円とか1日10,000円(例)の安すぎる探偵に調査を依頼した場合、予測できる事は手抜き調査ととらえてしまいます。

 

浮気調査の見積金額よりも請求額が高い!

次に手抜き調査ではない場合に、予測できる事は水増し請求です。探偵の料金トラブルで最も多いのが、追加料金です。

見積にない追加調査をした場合には、調査後に清算されるのですが、先ほどの調査員数を減らすのと真逆になります。

 

現場の調査員の数を増やしてしまい、追加した調査員の人件費を水増し請求するのです。

例えば、張り込みしていた建物の出口が複数あり、2人の調査員では対応しきれないとします。

しかし、実際は出てくる出口は把握しています。そして依頼者に連絡を取り、事情を説明します。

「建物の出口が複数あるので、現場の調査員を増員します。増員が不可能の場合には、見失う事を覚悟してください。」

 

こんな説明を受けたら、依頼者も承諾してしまいますよね。

または、「急遽現場の状況に動きがあり、調査員の増員をしました。連絡をしようとしたのですが、目を離せない状況でしたので連絡できませんでした。」

 

この様な悪質な手口はよくあった事です。料金が安いと思っても、最終的に支払う金額は見積もり金額以上になる場合があるのです。

こういったトラブルを避けるには、契約時に追加料金の有無や、追加料金が発生する場合はどんな時なのかをきちんと聞いておきましょう。

 

まとめ

安い料金の探偵に調査を依頼して、調査を本当にやってくれているのかはケースバイケースです。

全ての探偵ではありませんが、中には安くて良心的な探偵もいると思います。ただ、安くて良心的な探偵を探すのは現実的に考えても難しいと思います。

 

料金を安くするためには、何かを削らなければいけません。人件費や広告費、会社を維持していく経費、撮影に使う機材も最新機材は導入できません。

そう言った事も含めて考えると、調査の成功率は期待できないのかもしれません。

離婚や修復を考えて、確実な証拠を押さえるのであれば、適正価格で、実績があり、信頼できる探偵に頼まれた方がいいでしょう。

 

 

探偵比較ランキング

元探偵のおすすめの探偵社!

今すぐCHECK

-浮気調査料金
-

Copyright© 浮気調査マニュアル|離婚 慰謝料請求 夫婦のやり直しの解決策 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.