浮気調査料金

浮気調査の費用|どれが1番得なのか探偵料金の3つのプラン!

更新日:

 

探偵に浮気調査を頼みたいと思った時、真っ先に気になるのが費用の事ではないでしょうか。

探偵に頼む前には、知っておきたい情報ですよね。

 

探偵は民事の警察と言われている事から、警察が介入できない民事問題を解決してくれます。

言わば「民事問題の救世主」が探偵なのです。

 

ただ、警察と違うところは税金で運営をしていない事です。

警察は税金で運営している事もあり、国民に料金負担がありません。

 

探偵は民間企業が運営していますから、利用者が費用を負担することが必要になります。

 

ただ、浮気調査がいくら掛かるかは、正直なところ依頼者の話を聞いてみない限りは正確な金額は出ません。

 

「そんな事はわかってる!大体の金額が知りたいの!」そんな方は、このまま読み進めてください。

ケース別にどれくらいの費用が掛かるのかを、参考例をあげて説明していきます。

 

浮気調査の平均料金

浮気調査の料金を簡単に分解してみると、人件費+日数=浮気調査料金となります。

日数が掛かればかかるほど、料金負担が増えていきます。逆に調査が1日で終わった場合には、1日分の費用で済んでしまうので、負担が軽くなるのです。

浮気調査の平均金額は、少ない人で20万円、多い人でも40~50万円となっています。中には10万円で浮気調査ができた人もいます。

 

この様に個々の状況によって、浮気調査に掛かる金額に違いが出てしまうのです。

ただ、探偵の料金には3つのプランがあり、自分の状況に合わせた料金プランを選択する事で費用をおさえることもできます。

この3つの料金体系プランをご説明いたします。

 

浮気調査の3つの料金体系プラン

(1) 時間制

(2) パック制

(3) 成功報酬制

 

 

(1)時間制

時間制の料金算出方法

・1時間当たりの単価×調査員数×調査時間

1時間当たりの平均単価:7500円

1名7500×3時間=22,500円、2名の場合には45,000円

 

最近の探偵で多く採用されているプランが、この時間制です。時間制はわかりやすく、会社から帰宅するまでの数時間を見てもらう時には、費用負担が少なく利用しやすいプランになります。

「いつ浮気する」と言う事がわかっているなら、必要な時間だけを見てもらえるから費用を安く済ませることができます。

 

時間制は、調査を依頼できる最低稼働時間が各探偵社で設定されています。

目安は3時間からの調査が多く、中には1時間から受けてくれる良心的な探偵社や8時間からと言う探偵社もあります。

 

時間制の注意点は、時間や日数を要する調査では割高になってしまいますので、そんな時にはパック制を選択されるといいでしょう。

 

(2)パック制

パック制の料金算出方法

・調査員(必要数)+経費+日数がパック割になった料金

1日~5日間位のパックプランが用意されています。

平均金額:10~30万円

パック制はまとめ割と考えて頂ければわかりやすいと思います。

通常の料金よりも、パックにする事でお得に浮気調査ができるようになっています。

 

各探偵社によって用意されているパックプランは様々ですが、大体が1日プラン、3日プランとなっていて、いつ浮気するのかわからない場合や、日数を見てもらいたい時には時間制よりお得になっています。

調査日数は、状況に合わせていくつかのプランが用意されていますので自分に合ったプランを選択できます。

 

パック制の注意点は、1日で結果が取れても料金は全額支払うことになりますので、結果がすぐに出そうな場合には時間制がいいでしょう。

 

(3)成功報酬制

成功報酬制の料金算出方法

着手金+成功報酬制

総額が60万の場合の内訳

着手金20万円 成功報酬40万円

成功報酬制は弁護士の料金算出方法と似ています。

弁護士の成功報酬は着手金を先に支払って、裁判で勝訴したら成功報酬を支払うシステムになっています。

 

探偵も最初に着手金を支払い、結果が取れたら残りを成功報酬として支払います。

ただ、浮気調査の成功報酬制はトラブルが多く、探偵側の成功の着地点が原因となっています。

 

広告でもよく見かける「失敗したら0円」と言うのが成功報酬です。

これに騙される人は結構多いのではないでしょうか?

 

「何をもって失敗なのか」と言うのが注意点なのです。

  • 尾行は成功したから失敗ではない
  • 証拠は取れなくても、2人が会っていることが確認できた
  • 浮気していなかった事が確認できた
  • 行動を記録したので、調査は失敗していない

 

成功報酬は行方不明者など、見つかる確率が低い捜索で採用される料金プランです。

着手金が捜索する経費、見つかった場合に成功報酬を支払います。

一概には言えませんが、浮気調査で成功報酬制を選ばれると、高くつく場合があります。

 

浮気調査はどの料金プランを選べば安くできるのか!

ここまで3つの料金プランについて説明してきましたが、結局どのプランを選んだらいいのか、浮気の疑いはあるけど、いつ浮気しているのかわからない時のおすすめのプラン、浮気している日も相手もわかっている時のプランを、状況に合わせて解説していきます。

 

時間制を選択した方が得なケース

  • 毎週金曜日に帰りが遅くなる
  • 浮気している日も相手もわかっている
  • 週末になると帰ってこない
  • LINEのやりとりを見て、会う日時がわかっている
  • 急に飲み会が入ったと言われたが怪しい

 

いつ浮気しているのかわかっているなら、時間制のプランを選ばれた方がいいでしょう。

時間制のプランは1時間毎に課金させるので、例えば金曜日の20時~深夜の1時までの5時間だけを見てもらうような、短時間の調査やスポット調査に向いています。

 

パック制を選択した方が得なケース

  • いつ浮気しているかわからない
  • 泊りがけの出張が増えた
  • 単身赴任している旦那が怪しい

 

浮気している日も浮気相手もわからない時には、日数も時間も必要になります。

 

そんな時には、全て丸ごとパックされたパック制を選ばれるといいでしょう。

パック制なら時間や追加料金を気にすることなく、決まった料金で調査をしもらえます。

 

複数の探偵社から見積もりを取る

自分の状況にあったプランが見つかったら、一つの探偵社だけに見積もりをお願いすることなく、数社から見積もりは取った方がいいでしょう。

探偵事務所は見積もりは無料で出してくれますから、契約を焦らずに、複数の探偵事務所から見積もりを取りましょう。

その中から、料金や信頼、実績などを考慮して、最も自分に合っていると思った探偵に依頼しましょう。

 

まとめ

ここまで、浮気調査の3つのプランで「どれが1番得なのか」を説明してきました。

料金プランの選択ももちろん必要な事ですが、浮気調査料金をおさえるには、もう一つ大事なことがあります。

それは、「調査を見てもらう日の選択」です。

 

いつ浮気しているのか全くわからない状況でなければ、ただやみ雲に1週間通して調査を入れるよりは、的を絞ってみてもらう方が無駄はありません。

普通の会社員であれば、次の日が休日になる週末が浮気しやすいと言われています。その場合には、週末に的を絞って3回ぐらい見て貰った方が確実性があります。

 

ただ、浮気相手と会っていても、その日にホテルに絶対に行くとは限らないのです。そのため、的を絞った日を数回見てもらえば結果が出やすいという事になるのです。

例えば、金曜日の夜に見てもらったら、浮気相手と会ってはいたけどホテルには行かなかったとします。ホテルに行かなかった理由は、女性の都合など色々あるかと思います。

 

でも、1回目の調査で金曜日に合う事がわかったのですから、次の週の金曜日に、もう1度見てもらえばいいのです。

この様に、怪しいと思う日に的を当てて調査をした方が、浮気調査の費用を安くすることができます。

 

ただ、その場合には、調査の進行状況をちゃんと連絡をしてくれる探偵社を選ばなければいけません。

中には、進行状況を全く連絡してくれずに、調査後に結果だけを報告してくる探偵もいます。

 

浮気は突然発覚するものですが、気持ちを落ち着かせて慎重に探偵を選んでください。

 

 

 

探偵比較ランキング

元探偵のおすすめの探偵社!

今すぐCHECK

-浮気調査料金
-

Copyright© 浮気調査マニュアル|離婚 慰謝料請求 夫婦のやり直しの解決策 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.